リブリッジ・エディット アーティスト・シェア2004選抜賞

門脇篤展
「虹色の橋を毎日かける」

初日〜2日目の朝

2005年3月22日(火)〜27日(日)
 11:30〜19:30(最終日〜17:00)
リブリッジ・エディット


これまで主に屋外で、大規模に行ってきた毛糸のインスタレーションを、ギャラリースペースに展示する企画。そこで考えたのは、小さなこまわりのきく屋内空間というこの場所をいかすために、毎日新たな作品をつくっていくことだった。さらにそれをひとりでつくるだけでなく、共同制作の場にもしていったらどうだろう。こうして「リブリッジ・エディット アーティストシェア2004」への応募から、ほとんど1年かけてあたためてきたプランを、6日間かけて実行にうつした。

 

いっしょにつくってくれる人を、知り合いに声をかけたり、チラシやネットなどで募集、ようやく3組ほど集めたものの、初日は予約なし。
とりあえずギャラリー・オープンの11:30過ぎからゆるゆるとひとりでつくりはじめる。平日とあって、ほとんど人も来ないので、好きなCDを聞きながら制作に集中できた。そうして2時頃にできあがった1作目も、なかなか自分なりに気に入った。2日目からは昼に私がひとつつくり、夕方から共同制作で希望者とひとつつくる、という流れができる。
 
 

 

学校がおわった後やって来てくれた小学1年生のわたるくん。毛糸にさわらないように、毛糸の中へとはい進んでいく。入口の受付付近の机の配置などもレイアウトしてくれた。

 

 

 

2日目の朝。前日の展示を撤去する。落ちた毛糸がまたいい。

next

 

 

 

 

 


虹色の橋を毎日かける もくじページ

これまでに行った毛糸のインスタレーション制作

作品一覧

home

関連リンク

リブリッジ・エディット

SATOKO

「SATOKOファミリー」情報

生きてかえれ!